「宇宙怖すぎ」宇宙の不思議 NASA情報も有り

UFOや宇宙人についての情報やNASAから公開された宇宙の不思議な情報をまとめたブログです。

「宇宙怖すぎ」宇宙の不思議 NASA情報も有り イメージ画像
宇宙人やUFOはやはり実在した?NASAの極秘文章の流失から宇宙に秘められた衝撃的な事が次々と明るみになりつつあります。

更新情報

UFOは自然災害や大事故の際に、数多く目撃されています。この動画では、原発事故が起きた福島上空に、数々のUFOが飛行していた事実が伝えられています。しかし、これを伝えているのは、日本のメディアではなく、海外の報道番組です。この衝撃の事実を知らないのは、当の日本
『UFOが災害時に多く現れる謎! 福島上空に数々のUFOが飛来していた!』の画像

6月20日、南米ペルーのナスカ近郊の地下墓地から発見されたというミイラを調査した動画が公開され、「地球外から飛来した”古代の宇宙人“ではないか?」と話題になっている。異星人ミイラの頭部。 画像のとおり、目と鼻があるのに耳が無く、そこには小さな穴があるだけだ。
『【ムー宇宙人情報】石膏像でしょ…いや、骨格がある! ナスカ文明の地下墓地から異星人のミイラを発見』の画像

・NASAアポロ10号の公式通信記録より・NASASponsored Link//  アポロの乗組員たちが体験した真実は今日は大変に興味深い記事をご紹介します。それは、・機密指定が解除された NASA アポロ計画の全通信記録や、・機密指定が解除された FBI の文書にある「エイリアンの正体」
『NASAのアポロ計画のすべての公式通信記録が機密指定解除。』の画像

 米政府の極秘計画に携わっていたとされるインサイダーが、南極の地下に存在する古代宇宙人遺跡の存在を暴露した。オルタナティブニュース「Exopolitics」(1月25日付)が報じている。■直観エンパスが古代宇宙人「プレアダマイト」の存在を暴露今回、古代宇宙人遺跡の秘密
『5万年前の宇宙人「プレアダマイト(身長3.6m)」の存在を元米軍超能力者が暴露!「かつて南極にいた。地底人アンシャルのUFOで実際に遺跡を見た」』の画像

古代に異星人が地球に飛来していた「古代宇宙飛行士説」を裏づける伝説や遺物や彫像、壁画の類いが世界各地に残されている。2017年3月、メキシコのベラクルスとプエブラとの州境に位置する洞窟内から、UFOやグレイ・タイプの異星人の姿が刻まれた謎の石板が発見された。 古
『【ムー宇宙人の遺跡】メキシコでグレイ・エイリアンとの遭遇を示す石板が発見された!』の画像

これはグーグルアースで発見された謎の写真です。なんと、南極大陸の氷河の割れ目に、金属製の建造物が見えています!自然の物ではなく、明らかに人工的に造られたものであることは間違いありません。南極の氷の下には、宇宙人の秘密基地、あるいは墜落した巨大なUFOが埋まっ
『南極大陸の穴に、UFOの秘密基地! 人工的な建造物が発見される!』の画像

 ブラックホールは物理法則を破綻させる巨大な天体だ。あまりにも馬鹿げた存在であるために、アインシュタインは自身の理論によってその存在を予言したとき、信じることができなかった。 それも仕方あるまい。宇宙のどこかにあらゆる物質を飲み込む時空の特異点が存在する
『宇宙ヤバイ!想像を超えたブラックホールの大きさを視覚的にわかりやすく様々なものと比較した動画』の画像

HOMEPAGE天文天文最新情報いまのところ原因不明。火星大気中の酸素量は予測以上に変動していたNASAの火星探査車「キュリオシティ」の観測データから、またも興味深い事実が明らかになりました。火星大気中の酸素の割合は季節ごとに増減しているとみられていましたが、その変
『いまのところ原因不明。火星大気中の酸素量は予測以上に変動していた』の画像

宇宙は広大だ。われわれ人類には、あまりにも広大であるがゆえに、そのすべてを知り尽くすことはできないだろう。最近の観測で、数百万ものブラックホールが点在していることが判明した。数百万のブラックホール……、想像しただけでゾッとしてしまう。宇宙ヤバイッ! 宇宙
『【宇宙ヤバイ】NASAの観測で宇宙は「ブラックホール」だらけであることが判明! 新たに数百万個発見』の画像

火星人が存在した“証拠”が発見されたと、UFOマニアが騒いでいる。火星探査機から送信されてきた写真に、その決定的な証拠が写っていたというのだ。UFOマニアは「火星探査機がアメリカ航空宇宙局(NASA)に送信した写真が公開されたのですが、砂漠と岩しかない火星の地表に
『火星探査機が送信してきた火星人の「証拠写真」』の画像

NASAが原子力ロケットエンジンの開発を本格化させている。元々は1960年代に浮上したものの実現しなかったアイデアだが、ここにきて復活を遂げようとしているのだ。トランプ政権による宇宙開発の新方針によって、早ければ2024年にも原子力ロケットの打ち上げが実現する可能性
『NASAは月や火星に「原子力ロケット」を飛ばそうとしている』の画像

先日、南極の海中に沈む謎のUFOについてお伝えしたが、今度は北極に近いアラスカ沖の海底で、直径4kmにも及ぶ“超巨大なUFO”が『Google Earth』上で発見されたというのだ! このニュースは、イギリスのタブロイド紙『Daily Mail』のオンライン版でも大きく取り上げられ、い
『アラスカ沖に出現した超巨大UFOと秘密基地の「恐るべき目的」』の画像

10 More Ancient Alien Mysteries10:ナスカの地上絵「ナスカの地上絵」は、ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれている乾燥した高原の地表に描かれた多数の巨大な絵で、空から見なければ全体像の把握が難しいほどの大きさを誇っています。1939年6月22日に考古学者のポー
『人類史に刻まれた、宇宙人の関与が想像できるミステリー』の画像

伝説いにしえの時代、現代文明をはるかに凌ぐアトランティスと呼ばれる超古代文明が存在した。場所は「ヘラクレスの柱」の外側で、そこにはリビアとアジアを合わせたほどの大陸が存在していたという。アトランティスの想像図出典:「Ancient Civilizations」(http://bit.ly/1
『伝説の超古代文明「アトランティス」宇宙人との関係は』の画像

※ざっくり言うと※・科学者は金星にエイリアンの存在を信じている・200℃を超えるアツい星だが生命が存在しやすい場所もあるらしい・公転による最接近時は地球から約4,200万kmなので実は火星より近い引用元:  https://sumer.jp/archives/180アメリカとロシアの科学者による
『金星にエイリアンが存在する可能性』の画像

ちりでできたコーディレフスキー雲の1つと、地球、月、太陽の位置関係を示すイラスト(原寸には比例していない)。(ILLUSTRATION BY GABOR HORVATH)[画像をタップでギャラリー表示] 地球の周りを回る天体は、月だけではないのかもしれない。半世紀以上にわたる憶測と論争
『地球を周回する新たな天体を確認、月とは別』の画像

準惑星・ケレスに生命の痕跡か――。著名なUFO研究家によれば、ケレスには我々の祖先となる生命体…いわゆる宇宙人が生息しているというのだ。■準惑星・ケレスの南極に無数の建造物そもそも我々人類はこの地球上で誕生した“土着”の生命体なのだろうか――。一部からは人類
『無数のエイリアン施設が準惑星・ケレスに出現!? 宇宙人製の万里の長城や新型UFO「TR-3B」も発見!』の画像

↑このページのトップヘ